清水啓之のアウトとは?潔癖,断捨離に唖然。小藪もひく?(アウトデラックス)

アウトデラックス
https://www.mbs.jp/




 清水啓之さんがアウトデラックスに出演されます。

 

 清水啓之さんのアウトは潔癖&断捨離を極めていること?

 

冷蔵庫もなければ、布団もなし。

 

おぉ。。すごいですね。

 

でも床で寝るのは安眠できるっていう説もありますよね、確か。

 

でもやっぱちょっと普通じゃない清水啓之さんのアウトぶり気になります。

 

吉本新喜劇の座長を務める小籔千豊、吉本新喜劇に所属する清水啓之を連れて登場。独身で1人暮らしの清水にはアウトな〈自分ルール〉が存在するという。清水の独特な生活に矢部&マツコも興味津々!

 

との事!

 

清水啓之さん、みていきたいと思います。

 

ではでは早速。

 

清水啓之さんのプロフィール

 

https://profile.yoshimoto.co.jp/

 

名前:清水啓之 しみずひろゆき

生年月日:19831226

出身地:兵庫県神戸市

血液型:A

身長:165cm

体重:72kg

趣味:野球 麻雀

出身/入社/入門:2003 NSC大阪校 26期生・金の卵オーディション2個目

吉本HPより

 

短髪、刈り上げも潔癖がゆえでしょうか。

スポンサードリンク

 

 

清水啓之さんのNSCに入るきっかけ

 

 

もともとは保育園の先生になるのが夢だったようで大学進学を考えられていたとの事です。

 

 

もう大学も決まっていたとの事ですが中学時代から仲がよかった同級生がNSCに入るかも!という話で心が揺れ、清水啓之さんもNSCに入学を決められます。

 

 

一年浪人して入学され、(なぜなら願書受付が終わっていたのだとか!)同級生は25期生で清水啓之さんは26期生になってしまいます。

 

人見知りだった清水啓之さんは

 

「僕を面白いと思ってくれてるのかな?」

「この会話もたぶんオモロないと思われてるん違うか?」

 

などなど、考えてしまいます。

 

学校が嫌になり、そのまま登校拒否。

 

そして中退されます。

 

ですが、その後高校時代の友人と(25期生の)コンビを結成されます。

 

コンビ名は相方が決めたアポロッキー。(アポロとロッキーを足した。)

半年ほど活動するも、うまくいかず。。

 

そして、以前清水啓之さんが組んでいた26期生の子が加わり3人でトリコロールという名前で活動する事になりますが結果は出ず、その後解散となりました。

 

そしてピンで始められ、よしもと新喜劇の金の卵2個目のオーディションでもごと合格〜!

スポンサードリンク

清水啓之の潔癖症、断捨離に唖然

 

つまらないものにはメーーン on Instagram: “次週の #アウトデラックス #小籔千豊 さん #清水啓之 さん #吉本新喜劇 #吉本新喜劇好きな人と繋がりたい 2019.3.7アウトデラックス”
8 Likes, 0 Comments - つまらないものにはメーーン (@drill_honmayane) on Instagram: “次週の #アウトデラックス #小籔千豊 さん #清水啓之 さん #吉本新喜劇 #吉本新喜劇好きな人と繋がりたい 2019.3.7アウトデラックス”

 

清水啓之さんは以前、「痛快!明石家電視台」の番組に出られているのですがその時の様子がこんな感じだったようです。

 

清水啓之さんのアウトぶりは、

 

自宅では絶対に食事をしない。

 

なぜなら

 

部屋に食事の臭いが篭もるのが嫌だし、食べ物のカスに嫌いな虫が集まってきそうだから。(それなら食べることを我慢するとの事。)

 

食べ物をこぼしたりしてしまうこともあるので汚れるから嫌だと。

 

ゴキブリは絶対に嫌だ。


お菓子をたべる時は必ず新聞紙を敷いて食べる。


冷蔵庫の中は座薬しか入ってない。

 

もちろん食器などもなし。

 

寝る時は布団を使わずに床で寝る。

 

朝起きたら体が痛いけど、かれこれ20歳ぐらいからこのスタイル。

 

汚い体のまま布団で寝るのが嫌(これは同意。)

 

遅刻もしないから、という理由もあって床で寝る生活。

 

テレビ、部屋の電気、玄関の電気も全てつけて寝ているとの事。(よく眠れますね、すごい。。)

 

お化けが怖がりな清水啓之さんです。

スポンサードリンク

最後に

 

今回はアウトデラックスに出演される清水啓之さんをみてみました。

 

アウト!の声がもう聞こえます。。

 

アウトデラックスではもっと濃いアウト話をしてくれるのでしょうか?

 

楽しみにしたいと思います。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント