昆虫食が体に良い理由は?コオロギ100匹が練り込まれたうどんが発売!

トレンド
出典元:「アールオーエヌ」プレスリリース




ここ数年、昆虫食ブームがおこりつつあるとか?

 

テレビや、ネットでも、昆虫を食べることが健康的で体に良いと取り上げられています。

 

そして、今回は、コオロギ100匹が含まれているうどんが発売されたそうです!

 

気になります。

 

いまや有名レストランや球場のメニューにも登場している「食用昆虫」

 

昆虫食や体に良い理由、発売されたコオロギが100匹も入っているうどんについて、見ていきたいと思います。

 

ではでは早速〜〜。

 

昆虫食とは?

 

 

 

昆虫食とは、ズバリ昆虫を食べることであります。

 

イナゴやウジなどがメインのようです。

 

繁殖がしやすくタンパク質がとても豊富なようです。

 

プロテインより良いのじゃない?との見解もあるようです。

 

昆虫食は消化もよくタンパク質が、100グラム中75グラムのタンパク質で構成されているようです。

 

そして、アミノ酸も豊富。

 

高血圧の方にも良いようで、ACE阻害の効果もあるとのことで血圧の低下に役立ちます。

 

アジア29カ国、南北アメリカ23国で食されているようです。

 

世界では20億人が1,900種類以上の食用昆虫を食べているということです。

 

アフリカの36国では少なくても527の昆虫が食されていて世界でトータルすると、527の昆虫が食べられていて1400種にも及ぶようです。

 

 

スポンサードリンク
 

昆虫食の種類はどんなものが?

 

https://takeo.tokyo

 

 

幼虫ミックス、ハチ、カブトムシ、タランチュラ、タガメ、イナゴ、コオロギ、バッタ、サソリ、オケラ、ゲンゴロウ、アリ、etc,,,

 

などが、あります。

 

そのままの形で販売されているものもあれば、粉末になっているもの、チョコレートにコーティングされているものも販売されていました。

 

パスタもありました。

 

コオロギアイスモナカとかまで。すごい。

 

https://takeo.tokyo

 

 

スポンサードリンク
 

昆虫食は有名レストランでも!

 

 

https://fq.yahoo.co.jp/foodtech/4.html

 

 

いまでは、コペンハーゲンの「Noma」、サンパウロの「D.O.M.」、シカゴの「Mi Tocaya Antojer?a」といった有名レストランもメニューに虫を取り入れている。

また、シアトルマリナーズの試合では観戦メニューにバッタの素揚げが加わり、先シーズンは3試合で合計約18,000匹のバッタが食されたという。あまりに人気が出たため、販売数に制限がかかったほどだ。

さらに、全米最大のスーパーマーケットチェーンのクローガーは、最近コオロギの粉末を原料としたチップス「Chirps」の販売契約を結んでいる。

 

すごいですね。

そして、ビジネスも好調のようです。

 

米国の食用昆虫企業最大手のアスパイア・フード・グループは、現在までに1,800万ドルを調達している。18年3月にはコオロギプロテインバーを製造しているExoも買収し、食用昆虫のメガブランドへと成長中だ。

 

これから日本でももっともっとブームになる予感が。。

 

スムージに粉末混ぜるくらいならすぐにでもできそうですね。

 

スポンサードリンク

 

コオロギ100匹が練り込まれたうどんとは?

 

出典元:「アールオーエヌ」プレスリリース

 

 

アールオーエヌ(埼玉県戸田市)は3月25日、1袋に100匹分のコオロギ粉を練りこんだ手延べうどん「コオロギ100匹が練り込まれたうどん」を発売する。

 

一袋(200グラム)に100匹のコオロギが含まれてるとのことです。

 

日本人の口に合わせやすく作られたようです。

 

コオロギは成分の約7割がタンパク質で、鉄分・カルシウム・亜鉛・ビタミンB12・必須アミノ酸BCAA・オメガ3・キチンなどを豊富に含むスーパーフード。

同社は、製品になるまでの温室効果ガスの排出量は牛の約2800分の1、農地は約15分の1、飼料は約6分の1、水は約22000分の1。清潔なプラントで養殖するので残留農薬の危険もなく、地球環境にやさしいエコ食材とアピールする。

 

出典元:「アールオーエヌ」プレスリリース

 

1セット580円(税別)で購入できて、昆虫食通販サイト「BugsFarm(バグズファーム)」で販売されました。

 

スポンサードリンク

 

持続可能な食糧源としての昆虫食にちょっと待った!?

 

amazon

 

食虫の習慣がある人もない人も、持続可能な食糧源としての昆虫とその利点に関する記事などを1、2度は読んだことがあるかと。

 

「昆虫は持続可能な食糧源であり、われわれは地球を救うために、昆虫食を取り入れることについて検討すべきだ」ということがうたわれていることが多いです。

 

食品研究を行うデンマークの非営利組織、ノルディック・フード・ラボは2017年5月1日、昆虫食についてまとめた

 

On Eating Insects: Essays, Stories and Recipes(昆虫を食べること:エッセイ、ストーリー、レシピ)」

 

を出版していて、この本の内容は、昆虫食の問題の複雑さに加え、昆虫食は必ずしも持続可能ではない可能性があることなどについて記しているとのことです。

 

参考:https://forbesjapan.com/

 

スポンサードリンク

 

最後に

 

https://forbesjapan.com/articles/detail/16154

 

ここ近年に見直されてきている昆虫食についてまとめてみました。

 

そして日本人の口に合うように作られたうどんについても。

 

身近になって食べやすくなったのであれば口にする機会も増えていきそうです。

 

ちょっと食べてみたいです。

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

コメント