小林真作(ゴールドエッグ)WIKIや売上,年収,販売,取扱店を調査!卵(料理別)がやばい!【マツコゆで卵の世界】

マツコの知らない世界
http://www.cgegg.co.jp/




小林真作さんの小林ゴールドエッグの卵に迫りたいと思います。

そして小林ゴールドエッグの料理別卵がやばいです!

小林ゴールドエッグの販売、取扱店や売上、年収やwikiも調査していきます。

【マツコの知らない世界】ではゆで卵を紹介してくださいました。

小林真作さんは15年間、毎日ゆでたまごを10個食べ続けているそうで、通算5万5000個食べた小林真作さんについてあれこれ調べてみました!

では早速〜!

スポンサードリンク

小林真作さんのWIKI

 

 

生年月日:1975117日(44歳)

出 身:徳島県徳島市

最終学歴:名古屋大大学院工学科研究科

名古屋大大学院工学科研究科修了後は、大手食品メーカーで製品開発などを担当されています。

2004年に3代目社長として代表取締役に就任されました。

小林真作さんは15年間、毎日ゆでたまごを10個食べ続けているツワモノです。

たまごに対する情熱は半端ないですね。

元々はご実家が「小林鶏卵」として昭和38年から創業されていらっしゃいました。

小林真作さんが大学に入った頃にはお父様には継がなくていいと言われていたようなんですが、小林真作さんはご実家のことはやはり気になっていたようです。

お父さんが体調を崩され、その後小林真作さんがご実家を継ぐこととなります。

当初は大変な苦労もたくさんあったようですが、

「料理によって、最高の美味しさを引き出せるたまごは違う」

という理念をお持ちで、12の養鶏場さんや49種類の業務用27種類の家庭用たまご商品と共に試食試験を繰り返した結果なんですね。

とても研究され、勉強熱心にされていかれたからこそ今の小林ゴールデンエッグがあるんですね。

その辺は次で見ていきましょう〜!

スポンサードリンク

 

小林真作さんの小林ゴールドエッグとは?

 

http://www.cgegg.co.jp/

 

標高四百メートル、徳島県木屋平村の高原清水と餌をたっぷり食べて、茶畑や柚子畑の間をのびのび元気に歩き回って育ったお母さん鶏から生まれました。
だしまきたまごには、最上級のたまごとして多くのお客様からご好評を頂いております。   引用:http://www.cgegg.co.jp/

 

小林ゴールドエッグさんの卵じゃないと作れない!と言われるその究極な卵は沢山の料理人を魅了しています。

例えば二子玉川にあるイタリアンレストランはカルボナーラ専用卵というのを使っているようで、この小林ゴールドエッグさんのたまごを使っています。

色が全く違うとのことなんですね。

卵自身のこくは非常にしっかりと出るようととても高評価なんだそうです。

そして親子丼専用卵というのもありまして魚粉を与えているという事ですね。

そういった料理別の卵はなんと約80種類にも及び、家庭用商品49種類・業務用商品27種類以上です。

卵を特徴づける大切な5つの要素というのが、、

(1)飼い方
(2)飼料
(3)年齢(正確には“日齢”)
(4)鶏の種類
(5)サイズ(白身と黄身の比率なども含む)

とのこと、徹底的に調べ上げられています。

 

凄いですよね。

それぞれの調理法にあったたまごを提供しているという。。

すごいですよね、、卵のオタクです。

確かに、卵かけご飯の卵とゆで卵の卵は違ってもいいのかな〜なんて、思ったりしますね。

次で見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

小林ゴールドエッグ「料理別たまご」シリーズの卵かけご飯,ゆで卵が美味!

 

http://www.cgegg.co.jp

 

「料理別たまご」シリーズは、こんなにもあるんです!

「究極のたまごかけごはん専用たまご」

「めだまやき専用たまご」

「ゆでたまご専用たまご」

「オムレツ専用たまご」

またまた、「カルボナーラ専用たまご」

「スクランブルエッグ専用たまご」

「釜玉うどん専用たまご」

「すきやき専用たまご」

「おでん専用たまご」などです。

 

なんてっこた!やばいですね、こんなに分けて何が違うの?ってなりますね。

気になります。

 

「たまごかけごはん専用たまご」は、たまごのコクがでる原種に近い鶏、それも一年未満の若鶏限定で、生食で最も濃厚に、だしや醤油と相性が良い風味になる飼料を与えます。そして、お茶碗一杯のご飯に最適のサイズのみを厳選。例えるなら大トロみたいな部分ですね」

 

と、言われています。

凄いよ〜!まさに大トロですね!納得です。

 

「釜玉うどん専用たまご」に関しては、こってりした卵とういうのはうどんによく絡みやすくて実にまろやかな味わいになるとのことなんですね、なので釜玉うどんにかなりマッチするように卵自体がそう作られています。

「スクランブルエッグ専用たまご」はややあっさり風味になっていて、色鮮やかで見た目がとてもよく、ふわとろな仕上がりになるんだそう。

そして何と言ってもスクランブルエッグ専用となるとふわふわ感が大きなポイントですよね。

なので、加熱したときにこそ良い風味に、鮮やかな色味となるよう「千寿菊」の花由来の配合飼料を食べさせているんですね。

やや白身の比率が多いたまごを厳選しているとのこと。

半端ない、こだわり!あっぱれ!朝に食べたい!

そして和食専用たまご「和の極み」というのがあるのですがこれは、和食全般に合う繊細な味わいになっていて豆腐の卵とじなどに使うと上品であり、だしにも負けないしっかりとした卵の味があるそう。。

伊勢神宮にも奉納されています!

あっぱれあっぱれ!!やばいですね。

こだわりが素晴らしいです!

https://news.livedoor.com

スポンサードリンク

小林ゴールドエッグの卵の販売、取扱店

 

卵のソムリエ

楽天市場に出店されていましたね!

買いやすい!ネット販売は楽でいいですよね〜!

サライのお取り寄せ

こちらにも!

 

小林真作さんのゴールドエッグの売上や年収は?

 

気になりますよね。

小林ゴールドエッグが契約する中川養鶏場では1万2,000羽のニワトリを飼育していて、毎日約1万個の卵を収穫しているんですね。

そしてエサを変えて作る特殊な卵のお値段は6個で約380円となっています。

一般的な卵の10個が約200円前後と考えて、かなりいいお値段の高級たまごで高価です。

2005年には約6億円が総売上としてありました。

鳥インフルエンザで年商はかなりダウンし一時は倒産の危機に陥ってしまった小林ゴールドエッグですが、持ち直し(日本で唯一の特殊な卵の開発に成功したから!)年商は4億円まで回復しています。

今現在はもっと年商があるかと思います。

小林ゴールドエッグは社員数25名(うちパート6名)です。

人件費に商品を作るための費用を取り除いていきつつでも、

年収2000万以上はあるのではないでしょうか。

社長の次なる目標は、世界にある卵料理3万種類別の卵を開発することのようですので、さらに大きくなる小林ゴールドエッグです!!

スポンサードリンク

最後に

マツコの知らない世界の『ゆで卵の世界』でゆで卵を通算55000個食べた小林真作さんのお勧めするゆで卵は半端ないですよね。

小林さんの卵に対する情熱は素晴らしいものがありました。

そして通販取扱店や売上も調査してみました。

料理別の卵是非食べてみたいですね!

卵は普段から料理に使うものなので、こういうものこそ美味しいものを取り寄せたいですね!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサードリンク

コメント