清貴(歌手)がLBGT,ゲイで今現在の活動は?経歴(渡米)にゴスペルも。『爆報フライデー』

歌手
twittter




爆報 the フライデーで歌手の天才シンガーソングライターの清貴さんが登場されます。

 

2000年代にブレイクした清貴さんですがLBGT、ゲイをカミングアウトされました。

 

今現在はどのような活動をされているのでしょうか?

 

歌声がとても素敵な清貴さんです!

 

ドラマの主題歌にも起用されていましたね!

 

そんな清貴さんについて今回はみていきたいと思います!

 

ではでは早速!

スポンサードリンク

清貴さんのプロフィール

 

 

名前、アーティスト名は清貴(きよたか)です。

 

別名はKi-Yoと、言われているようですね。

 

本名は栗原清貴さん(くりはらきよたかさん)です。

 

生年月日は1982年11月22日の今現在は36歳です。

 

出身は宮城県仙台市市であり、血液型は、B型とのこと。

 

身長、175cmで、(写真だともっと大きく見えるかも!)

 

職業はシンガーソングライターであってジャンルはR&B、ポップスになります。

 

宮城県仙台第二高等学校ご出身のようですね。

 

清貴さんは17歳の時にデビューしています。

 

幼少期はサッカー選手が夢だった清隆さんですが、中学生の時に大きな手術をすることに。。

 

その時に音楽に救われ、ミュージシャンを目指すことを決められたようですね!

 

清貴さんは幼い頃にクラシックピアノを習っていて独学でコードを覚えて弾いていたそうです。

 

小学校の時にはゴスペル音楽にハマり歌うことも始められたとのこと。


スティービー・ワンダーやホイットニー・ヒューストン、セリーヌディオンマライアキャリーなどの曲をよく聴いたり歌ったりしていたそうです。

 

 

中学生の時にはハードロックを聞き始め、Bzやレッド・ツェッペリンなどのカバーをするロックバンドのボーカルを務めていたようです。

 

レッド・ツェッペリンのボーカルってすごいですね、中学で!

 

そして

宮城県仙台第二高校在学中はパソコンでの打ち込みで曲作りにはまり、
ヒップホップダンスも始められています。

 

そんな清貴さんのデビューのきっかけは次でみていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

清貴さんのデビューのきっかけ

 

https://nikkan-spa.jp/

 

 

清貴さんは高校生の時に作曲家・音楽プロデューサーの
中崎英也さんにデモテープを送ったところ、気に入られ、「すぐに東京に来て欲しい」と、のことで上京!

 

そしてブレイクされますよね!

 

2000年に発表したデビューシングル「No No Noは、全国のFM17局でパワープレイに選出されました!
(当時最高の局数だった)

 

才能があるって素敵ですね〜!

 

3rdシングル「The Only One」はドラマ、「Pure Soul~君が僕を忘れても~ 」の主題歌にも起用されました。

 


1st
アルバムの「Ill be there」はオリコン初登場7を獲得しています!

 

新人でこの快挙はほんと凄いですね!

 

清貴さんはご自身で何でもできる音楽スタイルをお持ちのこともご自身の音楽性が高い魅力の一つですよね。

スポンサードリンク

清貴さんの渡米

 

2010年から清隆さんは姿を消したように思いましたが、渡米されてたんですね!

 

子供の頃からの夢だったアメリカのニューヨークでの音楽活動を開始されていたようです!

 

厳しい生活をされていた中、ゴスペルを学んで全米最大級のコスプレイベントにも出演されていました!凄い!

 

子供の頃にはまったゴスペルを本場で学ぶことの行動力、かっこいいですね!

 

さらに、この時のゴスペルグループは日本人で初であって初めて優勝したようです!

 

5年間アメリカで生活し、そして2015年に帰国しています。

 

帰国後はご自身の音楽と並行して他のアーティストの楽曲を手がけたりとしているようです。(misiaとか)

 

そして LBGT をカミングアウトされました。

 

アメリカでの生活の影響が大きかったのでしょうか?

 

その経緯は次でみていきたいと思います!

スポンサードリンク

清貴さんのLBGT,ゲイのカミングアウト

 

 

youtube

 

 

小学校高学年の時にはもうご自身で気づいていたようです。

 

ミュージックステーションに出演した際、ネットなどで「タモさんを見る上目使いは絶対ゲイ」といった噂話が囁かれ始めました。一番触れられたくないと思っていたことに触れられて、メディアに出ることがすごく怖くなりました。

 

とも話されています。

 

中学高校では確実にそうだとご自身で確信したようです。

デビューした時にはもうすでに女性ではなく男性の方が好きということだったのですが、隠さないといけなかったようです。

 

なので「好きな女の子のタイプは?」などとインタビューで聞かれるたびに気持ちが落ち込んでいたようです。

 

表現者であるのに周りにずっと嘘をつき、そのたびにとても心が痛かったと思います。

 

そして4th シングルをリリースした後1年間音楽ができなくなったようです。

 

不安が大きくなっていったようです。

 

辛いと思います、何も悪いことではないですから。

 

そして悩んでいた時に「自分が何をしたいのか」と自身に問いかけたようです。

 

そうすることによって「アメリカでの音楽活動」が見えてきたようなんですね。

 

コネもない清隆さんはゴスペルをタイル協会を訪ねて回ったようですすごいです。

 

帰国後、 MISIA の事務所の代表の方に

 

「うちの事務所に来ない? それから清貴君、ゲイでしょ。カミングアウトして同じように悩みを抱える人たちのために活動したら?」「悩み続けるより、正直に打ち明けて、自分らしく音楽を表現していこう」

 

と言ってくれたようです。

 

清貴さんは決心できたと話されています。

 

帰国してすぐ『TOKYO RAINBOW PRIDE 2015』で初めて公の場でカミングアウトされています。

 

爆報フライデーではこういった今までの経歴や、LBGTなどにも触れられると思うのです!

 

どんなお話がきけるのでしょうか〜?

 

楽しみにしたいと思います!

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク

 

コメント