日向ハルの経歴やプロフィールは?歌唱力は?彼氏はいる?フィロソフィーのダンスの曲がかっこいい!!「カラオケバトル 」

カラオケバトル
twitterより




日向ハルさんがカラオケバトルに出演されます。

 

日向ハルさんはアイドルグループ、フィロソフィーのダンスのメンバーです。

 

日向ハルさんのプロフィールや経歴、歌唱力や彼氏はいるんでしょうか?

 

とても可愛い方なので彼氏も素敵そうですね。

 

「最強ボーカリストカップ」の座を獲得できますでしょうか??

 

みていきたいと思います。

 

ではでは早速!

 

日向ハルさんのプロフィール

 

twitterより

 

ニックネーム:はるきゃん、はる、おはる、はるちゃん、ゴリゴリのゴリ

 

名前:日向ハル  本名:?

生年月日:116

年齢:非公開 ?

出身地:東京都

身長:144

特技:体が柔らかい

身長:144cm

血液型:B

イメージカラー:

デビュー:2015

職業:アイドル、歌手

所属グループ:フィロソフィーのダンス

 

顔が可愛い!好みです!

 

なんでも似合いそうな顔立ちされてますね〜。

 

フィロソフィーのダンスではリードボーカルを務められています。

 

ラフォーレ原宿の店員としても勤務されていました。

 

日向ハルさんはお嬢様キャラやいわゆるぶりっこアイドルのキャラではなく

ひょうきんキャラです。可愛いですね。

 

椎名林檎さんが大好きみたいですよ。

 

ソウルフルで圧倒的な歌唱力!

 

どこかで習われていたのでしょうか??

 

とっても上手いです。

 

スポンサードリンク

 

フィロソフィーのダンスって?

 

 

みんな声質が違って楽しいですね。

 

ユニバーサル・ミュージック新人発掘セクションの加茂啓太郎により、メンバーは奥津マリリ、佐藤まりあ、日向ハル、十束おとはの4名で2015年7月に結成されました。

 

「ファンクを歌うアイドルグループ・フィロソフィーのダンス」

 

アイドルなのにファンク!かっこいいですね。

 

『コンテンポラリーなファンク、RB、哲学的な背景を持つ歌詞をアイドルに歌わせる』というコンセプトの元、本格的な楽曲・ダンス・歌のパフォーマンスが特徴的なアイドルとして、アイドル好きのみならず、純粋な音楽好きからも人気を集めている

 

とのこと。

 

曲がいわゆるアイドル〜って感じではないです。

 

最近はアイドルっていうのが以前のアイドルの定義とは違ってみなさんマルチですね。

 

そして日向さん、上手いです、歌唱力抜群!!

 

日向ハルさんがメンバー入りした経緯は、このようです

 

私は元々バンドをやっていたんですけど「もうバンド無理だな、このまま続けても売れないな」と思っていた時に、プロデューサーの加茂さんと当時から知り合いだったので「何か仕事をください!」って

そしたら加茂さんから「今ちょうどアイドルオーディションをやっているので見学に来ないか」ってなって、行ったらグループに加入してました

見学に行った次の会では、もうメンバーになってました

 

との事!

 

プロデューサーの加茂啓太郎さんは、

ウルフルズ、氣志團、NUMBER GIRLBase Ball Bear、相対性理論などを発掘され、現在はフィロソフィーのダンスのプロデューサー、寺嶋由芙のサウンドプロデューサーを務められています。

 

NUMBER GIRL最近再活動発表されましたね。

 

NUMBER GIRL、相対性理論、ウルフルズ、個人的に好みです。

 

楽曲カッコ良さそう〜。ちゃんと聞いてみなきゃです!

 

 

ユニット名については、ホドロフスキーのリアリティーのダンスへのオマージュだそうです。

 

へ〜、そうなんだ!シャレオツ!!

 

これ。

 

https://eiga.com/

 

現実と空想が混ざっていく哲学的な映画です〜。

 

 

スポンサードリンク

日向ハルさんの彼氏は?

 

 

すみません、、情報出てきませんでした。

が、

ラフォーレで働いて、バンドも結成していて、、そして今はアイドルグループ。

 

華やかなのでかっこいい彼氏がいそうです〜。

年齢も非公開ですが。24、5あたりですかね?

 

もっと若いかな??

 

スポンサードリンク

 

最後に

 

今回はカラオケバトル に出演される日向ハルさんについてみていきました。

 

まだ結成して間もないフィロソフィーのダンス!

 

これからもっと活躍されていきそうですね。

 

日向ハルさんのソロ活動も後々あるのかな??

 

今後もチェックしていきたいです!

 

今回も最後までご覧いただきありごとうございます!

コメント