函館ハイジャックの真相,真実は?犯人の顔,本名,(小林三郎)の今は,どこに?

ニュース
https://natalie.mu/




函館ハイジャック事件の真相、真実はまだ明らかになっておらず、謎の多い事件です。

 

犯人の顔、本名などは?

 

犯人として捕まった小林三郎(本名なのか。。)は今は,どこにいるのでしょうか。

 

1995年6月21日に北海道函館空港で起きた全日空857便ハイジャック事件です。

 

函館ハイジャック事件と言われており、日本で初めての強行突入が実施されたハイジャック事件です。

 

今になっても犯人の詳細など明らかになっていない謎の多いこの事件。

 

今回はこの事件について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク
 

函館ハイジャック事件の今現在の真実

 

 

1995年6月21日にそれは起こりました。

 

サリン事件から3ヶ月後の事件です。(1995年3月20日)

 

全日空857便ハイジャック事件です。

 

函館空港で全日本空輸857便が占拠された事件のことであります。

 

函館ハイジャック事件と言われております。

 

日本では初めての強硬突入が行われたハイジャック事件であるとのこと。

 

東京国際空港発函館空港行きの ANA 857便が一人の男にハイジャックされます。

 

犯人は365人を人質に航空機内に立てこもります。

 

その男、犯人は当時、強制捜査を受けていたオウム真理教(現在はアーレフ)の信者を名乗っていた。

 

サリンを持っていると乗務員を脅す。

(オウム真理教側、上祐氏は信者であるのであれば、直ちに除名すると名言。)

 

その後、857便は函館空港に到着する。

 

函館空港には多くの一般の人々が集まっていた。

 

犯人は麻原彰晃の釈放とそして燃料を補給し、すぐ羽田空港に引き返すよう要求する。

 

しかしとにかく機体を羽田空港へ戻すことを執拗に主張した。

 

犯人は自分自身では直接やり取りすることはせず客室乗務員を通してやらせていた。

 

また機内への飲料や食料の補給などはそして乗客の一部の解放などは一切拒否している。

 

警視庁が全員の身元を調べそして1人の身元不明者が残った。(小林三郎)

 

そして、奇跡的に乗客の一人が容疑者の服装や状況などを外部に連絡することができた。

 

よって捜査当局は強行突入の準備を進める。

 

そして翌日6月22日3時42分に当時の総理、村山富一総理の指示により強行突入。(北海道警察機動隊対銃器部隊、函館方面本部函館中央署員、警視庁警備部第6機動隊特科中隊(当初はSAPと呼称、現SAT、特殊急襲部隊)

 

当時北海道警察本部長だった伊達興治氏は「これが自分にとって最後の事件になる」と考え、それまで存在自体を極秘としてきた特殊部隊SATを、辞職覚悟で初めて強行突入させることを決断。

 

犯人を逮捕する。

 

乗客一人が犯人にアイスピックで肩を刺され軽傷を負った。

 

体調が悪くなり病院に運ばれる人なども多数いた。

 

犯人は休職中であった東洋信託銀行員(今はufj銀行)行員であった。(小林三郎)

 

そして精神疾患であったという。

 

オウム真理教とは無関係であったと。

 

そして所持していると主張したプラスチックの爆弾はチープな偽物の粘土で作ったものであった。

 

サリンだと言って脅した袋に入った液体、これもまたなんでもないただの水であったことが判明する。

 

犯人が所持していたものは1本のマイナスドライバーにプラスチック爆弾に見せかけた粘土の塊、そしてサリンに見せかけた水の入った袋だけだったのです。

 

そして単独で犯行に及んだと。

 

15時間半の長い事件でありました。

 

犯人は逮捕の翌日東洋信託銀行員(今はufj銀行)を解雇される。

 

スポンサードリンク

乗客には加藤登紀子さんも

 

https://natalie.mu/

 

芸能人の加藤登紀子さんが北海道公演に行くため、まさかのこの便に自分の母親とそしてバックバンドのメンバーと一緒に搭乗していました。

 

そしてその中のメンバーの一人告井延隆さんがトイレに行き携帯電話で犯人の状況を110番で警察に伝えることができたため事件が解決を迎えることができたとのことです。

 

加藤登紀子さん、、大変な目にあわれました。。

 

スポンサードリンク

犯人(小林三郎)の顔、本名、今はどこに

 

https://natalie.mu/

 

小林三郎という名前は実名なのか、本名なのかは、今も公表されていないとのこと。

 

犯行当時は53歳です。

 

オウム真理教には関係ありません。

 

犯人がハイジャック事件を起こした動機は、

「オウム真理教信者による奪還ハイジャック計画」

という記事を週刊誌で見たことにより行動にうつしたといわれいます。

 

精神疾患とのことでありましたが「責任能力あり」と判断され起訴されており、1997年に懲役8年の判決。

 

そして、全日空から民事訴訟で5300万円の損害賠償を受けています。

 

小林三郎の判決後の確定は懲役が10年と決まります。

 

事件からはもう10年以上経っており刑務所からは出所しているはず。

 

今は社会復帰しているのか、そしてどこにいるのかは謎です。

 

スポンサードリンク

1995年(平成7年)という時代

 

人災、災害として大きな出来事がありました。

 

阪神・淡路大震災

地下鉄サリン事件(13人が死亡、5,510人が重軽傷)

 

他の主な出来事として、

 

野茂が米大リーグで活躍し 新人王も獲得

 

九州自動車道が全線開通。(青森鹿児島・宮崎間が高速道路によって結ばれる)

 

ゆりかもめ開業

 

イチローの活躍でオリックス優勝

 

コギャル現象

ちびT流行

ヘソ出しルック

 

ドリカム   LOVE  LOVE LOVE

浜ちゃん   WOW WAR TONIGHT時には起こせよブームメント!

福山雅治  HELLO

スピッツ ロビンソン

ミスチル シーソーゲーム

My Little Lover  Hello again

 

などが流行りました。

 

スポンサードリンク

最後に

 

犯人の狙いや、動機はいまだにはっきりしていません。

 

小林三郎の名前は本名ではなさそうです。

 

今でも様々なことが明らかになっていない事件の一つです。

 

真実がわかる時が来るのでしょうか。

 

犯人自身にこの1995年に何があり、何を思って犯行に及んだのでしょうか。

 

精神疾患、。

 

今でもこれほどの大きな事件で15時間にもおよんだ事件であったにも関わらず、(亡くなる方がいなかっとことが不幸中の幸いだったとしても)本名が明かされていないことに少し?もあったりもいたします。

 

それか何かあるのでしょうか。

 

今ならsnsですぐわかってしまいますね。

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

コメント