カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

八木隆裕(開化堂 )の茶筒の何が凄い?海外で人気の理由は?プロフィールや経歴『カンブリア宮殿』

八木隆裕(開化堂 )さん がカンブリア宮殿に登場です。 日本一古い創業140年京都の老舗、開化堂 が作る茶筒が注目を浴びているとのことです。 カンブリア宮殿では、『一度は手にしたい逸品京都開化堂の茶筒』と題され八木隆裕さんのお店、開化堂が紹介されます。 八木隆裕さんの開化堂の茶筒は何がそんなにすごいのでしょうか? 海外でも大絶賛され一度は廃業を覚悟した開化堂が復活した開化堂自慢の茶筒は一個1万円以上するのにも関わらず、今やデパートで実演販売すると多い時は50個以上売れるとのことなんです。 この八木隆裕さんただものではないようです。 この八木隆裕さんの経歴やプロフィールについて、この茶筒が何がそんなにどうすごいのか、海外での人気の理由やどうアピールして廃業を免れたのなどみていきたいと思います。 では早速!