バンクシーのネズミの絵は本物だった!まじw?金額は?0000万の価値だ!!

アート
https://www.asahi.com/




バンクシーのネズミの絵が本物だったようです。

 

バンクシーのネズミの絵の金額はいくらなのでしょうか??

 

1月の17日に小池百合子都知事が、バンクシーの絵かもしれないネズミの絵とともに、ツイートし、話題になったあのネズミの絵です。

 

本物でした!

 

金額が、、まじw? 0000万! いくらでしょうかw

 

消さなくてよかったですね。。

 

早速見ていきたいと思います!

 

では参ります〜。

スポンサードリンク
 

バンクシーって誰??

https://greenz.jp/2015

 

 

社会風刺的グラフィティアーティストのバンクシーと、よく言われています。

 

バンクシーはイギリスのロンドンを中心に活躍する社会派のグラフィックアーティスト作家です。

 

覆面芸術家と言われるとおり、顔は公開してなく、そして絵を描いている姿も誰も見たことがないという様々な謎の多いアーティストです。

 

一人ではなく、複数いるのではないかとも言われています。

 

反資本主義、反権力など、反社会的な政治色の強い作品が多いバンクシーです。

 

一部の人たちからは、芸術テロリストとも言われているそう。

 

イギリス国内のみならず、世界のいたるところにバンクシーの絵が現在しており、数は170箇所に及ぶと言われています。

 

たくさんの話題があるバンクシーです!

スポンサードリンク

バンクシーの都内のネズミの絵って??

1月の17日に小池百合子都知事が、バンクシーの絵かもしれないネズミの絵とともに、ツイートし、話題になりました。

 

詳細は、このような感じ

東京都港区の東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」の日の出駅付近にある、東京都所有の防潮扉に、バンクシーらしき落書きが描かれている事が判明した。

その後、小池百合子都知事がバンクシーらしき落書きの前で記念撮影し、インターネット上に写真を掲載。小池百合子都知事の記念撮影後、そのバンクシーの落書きは防潮扉ごと外されて撤去され、東京都が保管した。

 

この時点では本物かどうかわからずに、一度保管という形になりました。

 

で、ツイッターでは、多くの非難を浴びた小池都知事。

 

「本物だと許されるのか?」

「お、東京では公共物への落書きは知事公認なのですね」

「バンクシーならストリートアートは合法なのですか?」

「東京都が管理する倉庫には、落書きOKなんですね!」

「小池さんは贈り物とか言っちゃダメっしょ! そこはあくまでも 建物への落書きはやめて下さいでしょ?」

「東京はgraffiti合法になったんですか? 都知事本人がイリーガルと写真撮るって分かりやすいアピールありがとうございます」

「金になるからって都知事が器物破損を肯定してどうするんですか」

「ラクガキ、消さないんですか? 都内にめっちゃあるけど」

 

めっちゃ非難。。

 

確かに落書きですからね。。

 

ですが、、今回はこれが本物だと判明したようです!

 

twitterより

 

スポンサードリンク

都内のネズミの絵は本物のバンクシーの絵だった!!金額は??

http://buzz-plus.com/

 

バンクシーに詳しい鑑定家ジョン・ブランドラーさん曰く

「バンクシーの有名な本『壁とアート』の中にこのイメージと全く同じ写真があります」

 

とのこと。

 

Tokyo2003」と説明もついているようで左右が逆転していることも本物の絵とそっくりとのこと.。

 

さらにボルトの位置を比べても同じように見える、そして地面のコンクリートにあるヒビも同じだとのことで何から何まで同じ!

 

110%本物!のようです。

 

すごい!そして推定金額は2000万円から3000万円とのことです!

          スポンサードリンク

             

大英博物館にバンクシーの作品が収蔵

https://news.nifty.com/

 

ここ最近のバンクシーの話題!

 

バンクシーの作品で故ダイアナ元妃の肖像を描いた10ポンド札が、大英博物館に所蔵されることになりました。作品名は「ダイフェイスド・テナー」と言われています。

 

改ざんされたという意味合いも持つよう。

 

というのも、紙幣に描かれたエリザベス女王の肖像がダイアナ元妃に変わっており、「イングランド銀行(英中央銀行)」の印も「イングランドのバンクシー」に変更されているという徹底ぶりのバンクシーアート作品です。

 

洒落てますね〜。

 

2004年に制作、複製されたものがロンドンフェスティバルでまかれたようです。

 

バンクシーの代理人によって大英博物館に寄付されたようです。

スポンサードリンク

最後に

本物のバックシーの絵でした!

 

そして推定金額は2000万円から3000万円とのこと〜!

 

日本にもあったとは、、一度お目にかかりたいです!

 

展示とかしてくれますかね?

 

まだまだこれから、たくさんの何か!を、世界中にばらまいてくれるバンクシーの行動が楽しみです!

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます!

追記

東京都の小池百合子知事は17日、都内で行われた内外情勢調査会の会合で講演し、都内で発見された正体不明の路上芸術家バンクシーの作品に似たねずみのアートを、今月末に始まる大型連休中に、都庁内で公開することを検討していると明かした。

「(見たいという)希望も寄せられており、ゴールデンウイークに向けて、都庁の中で展示することを検討している。都庁を、もっと親しまれる身近な庁舎にしたい」と、述べた。都は日程調整に入った。

 

今月25日から来月8日まで都庁内で展示すると発表が決まりました!

 

嬉しいですね。みてみたいです。

スポンサードリンク
 

コメント