アヴリル・ラヴィーンがライム病??闘病から復活!結婚は?子供はいる?

ミュージシャン
http://www.summersonic.com/




アヴリル・ラヴィーンがニューアルバムをリリースして話題になっています。

 

アヴリル・ラヴィーンはライム病で闘病生活を送っていたようです。

 

そして完全復活!

 

個人的にはアヴリル・ラヴィーンは、久しぶりだな〜なんて思っていたら闘病生活を送られていたんですね。知らなかった!

 

いろいろなことがあってできた思いの詰まった今回のニューアルバムです。

 

そんなアヴリル・ラヴィーンについて闘病から復活の経緯やライム病とはなんなのか。

 

結婚、子供はいるんでしょうか、みていきたいと思います。

 

では早速〜。

スポンサードリンク

アヴリル・ラヴィーンのプロフィール

https://gekirock.com/

名前 Avril Ramona Lavigne アヴリル・ラモーナ・ラヴィーン

生年月日 1984年9月27日(34)

出身   カナダ・オンタリオ州ベルビル

職業   シンガーソングライター

 

ギター、ピアノ、ベース、ドラム、ボーカルとマルチになんでもこなされるようです。

2002年から活動を始められているとのことなので、17歳でデビューなんですね。

 

あの頃は17歳だったのか!大人っぽかった!!

 

早くから才能がみとめられていたんですね。

 

2002年のデビューアルバムは全世界で2000万枚を売り上げたようです、今じゃ、こんなに売れないですよね、すごいな~。

 

そしてさらにアルバムトータルで4000万枚以上のセールスがあるんだとか!!

 

2007年の年収は1200万ドル、約12億と言われています~。すんご。

 

ご家族は、父母、兄と、妹がいるようで母親がアヴリル・ラヴィーンの才能に気づき教会で歌わせていたとのこと。

 

12歳からギターを始め、アヴリル・ラヴィーン自身のスタイルが出来上がってきます。

 

14歳でオーディションで勝ち、そこから順調に16歳でレコード会社と契約を交わしています。

 

すごいですね。

アヴリル・ラヴィーンの曲はポップロックというジャンルに分けられるとのこと。

 

趣味はスケボーやホッケーキャンプと、アウトドアなことが好きっぽい!

スポンサードリンク

 

アヴリル・ラヴィーンの結婚や私生活、子供は?

https://www.cinemacafe.net/

 

カナダのバンドSum41のボーカリスト権ギターリスト 、デリック・ウィブリーと2005年に婚約し2006年に結婚しましたが、2009年に別居し2010年には離婚されています。

 

その後、結婚するもまた離婚されていてバツ2です。

 

お子さんはいないようです。

アヴリル・ラヴィーンのアルバムや功績

 

ファーストアルバム「let go」(2002年) は2000万枚売り上げ記録。

このアルバムの中の[complicated]はアメリカのビルボードで2位、オーストラリアでは1位をとっています。

 

 

2003年にはジュノー賞を獲得、グラミー賞では8部門にノミネートされています。

 

 

under my skin」(2004年)13カ国で1位 800万枚売り上げ記録。

2004年にワールド・ミュージック・アワードで2部門受賞。ジュノー賞には5部門ノミネートされています。

 

 

2005年には音楽はもちろんモデル、女優業にもこなしています。

 

 

the best damn thing」(2006年) アメリカで1位獲得。

この年は日本のサマソニにも出演するための来日。

この時期は結婚も順調で幸せいっぱいのアヴリル・ラヴィーンです。

 

 

goodbye lullaby」(2011年)映画の主題歌を担当し来日もしています。この年はレコード会社を移籍しています。

 

 

Avril Lavigne」(2013年) 現在

 

デビュー以来3作連続ミリオン達成の記録はまだ誰も破れていないそうです!!

 

スポンサードリンク

 

アヴリル・ラヴィーンを襲った病とは?

https://rockinon.com/

 

2014年に体調を崩したアヴリル・ラヴィーンの病名はライム病といわれるもの。

 

当初は高熱と倦怠感、体の痛みが治らず、病院に行っても精神的なものといわれ病名がわかるまでに2ヶ月もかかったそうです。

 

ライム病とは野生のマダニに噛まれることによって発症するそうで日本では聞きなれない病名ですがアメリカでは年間数万人もの患者が出ているようです。

 

アヴリル・ラヴィーンは5ヶ月も寝たきりになったようです。。

 

怖いですね。。マダニ!!おそるべし!

 

闘病中にアヴリル・ラヴィーンは

 

ファンの声援のおかげでやっと半分くらいまで回復したと思う

 

と涙ながらに語ったとのこと、そしてまた次のようにも、語っています。 

 

「体の機能が停止するのを感じ、自分の死を受け入れました。まるで水の中で溺れているようでした。神様、どうか私の頭を水の上にあげ続けるために助けてください」

 

この闘病中に離婚もされているのですから、波乱万丈ですょ。

 

そんなアヴリル・ラヴィーンが、今回のニューアルバムを通じて、

 

音楽は神様から授かったものだと信じるようになり、自分のフラストレーションを歌っていた頃より、歌うことにとても深い意味を感じられるようになった

 

と話しているよう。

ニューアルバム、聞いてみたくなりますよね。

 

もう発売されているようですね。

 

スポンサードリンク

 

最後に

https://tower.jp/

 

ライム病が本当怖い、と思いました、、どうやってかかってしまうものなんでしょうか〜。感染はしなさそうなので、マダニがいる場所にいかなければ避けられるものなんでしょうかね。。怖いですね。。

 

まだ34歳と若いアヴリル・ラヴィーンです。なんせデビューが17歳ですから〜。

 

そしてどの写真をみても超絶可愛いアヴリル・ラヴィーン!!本当綺麗!

 

個人的にはアヴリル・ラヴィーンの曲はデビュー当時に少し街で流れているのを知っているくらいで、きちんときたことがなかったので、今回を機に歌詩の方にも着目してしっかりと聞いてみたいなと思います!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

コメント